H30.事業計画

Business Plan

事業計画

月事業名称 担当委員会 備考
4 会員交流会 交流委員会
5 第89回通常総会 総務委員会
" 県青連 総会・役員会 兵庫県青連YEG
" 近畿ブロック 会長会議・総会・役員会 近畿ブロックYEG
7 例会 総務委員会
" 研修会 開発委員会
" 県青連 役員会 兵庫県青連YEG
" 近畿ブロック 役員会 近畿ブロックYEG
8 OB交流会 交流委員会
" 県青連 会員大会 兵庫県青連YEG
9 県青連 総会・役員会 兵庫県青連YEG
" 近畿ブロック 会長会議・総会・役員会 近畿ブロックYEG
" 近畿ブロック大会播州かさい大会 加西YEG
10 じば産物産展との連携事業 開発委員会
" 視察研修 交流委員会
11 度例会 経営委員会
" 県青連 役員会 兵庫県青連YEG
12 家族交流会 交流委員会/td>
" 近畿ブロック 役員会 近畿ブロックYEG
1 研修会 経営委員会
" 献血事業 開発委員会
" 県青連 役員会 兵庫県青連YEG
2 30周年 兵庫県青連YEG
3 通常総会 総務委員会
" 卒業例会 総務委員会
" 名簿作成 総務委員会
" 会報発行 総務委員会
" 県青連 総会・役員会 兵庫県青連YEG
" 近畿ブロック 役員会 近畿ブロックYEG

委員会基本方針

総務委員会

Value Creation

近年、日本YEG・各ブロックYEGでは「政策提言こそ、YEGの一丁目一番地である」と気運が高まり、提言活動の重要性が問われるようになってきました。その様な中、加西YEGは今年度、大きな節目を迎え、さらなるステージに向かってチャレンジしようとしています。そこで今年度総務委員会では、青年部全メンバーが共有できる事業を通して、連携し、組織の結束力を高め、他団体との連携を密に出来るように活動します。また、会員拡大活動の総括、総会・例会の運営を通して、各委員会と連携し、新しい風を取り込み、加西YEGの結束の強化に取り組みます。

・ 通年・・・・・・会員拡大(総括)
・ 通年・・・・・・例会の運営
・ 通年・・・・・・平成31年度 名刺作成
・ 通年・・・・・・ウェブサイト・エンジェルタッチ・FB保守活用
・ 5月・・・・・・通常総会
・ 7月・・・・・・青年部全メンバーが共有できる事業
・ 3月・・・・・・名簿作成
・ 3月・・・・・・通常総会
・ 3月・・・・・・卒業例会
・ 3月・・・・・・平成31年度名簿作成

経営委員会

Value Creation

現在の日本の経済は緩やかに回復基調が続いていますが、実感出来ないのが現状ではないでしょうか。 その中で、我々は地域経済の支えとなれるように、創意と工夫でこのビジネス環境を生き抜き、事業所の更なる発展を追求しなければなりません。それを行うには、多くの仲間と共に学び切磋琢磨しながら常に相手の立場を尊重し、メンバー自身が従業員の手本となり経営者・後継者としての責務を改めて自覚する必要があると考えます。 そこで、今年度経営委員会では、失敗を恐れず「まずは、やってみる」から始め、その経験から得た新たな価値を見つけ出し、青年経済人としての資質向上と今後の事業所の発展に繋がる事業を行います。

・通年・・・・・・会員拡大
・11月・・・・・例会
・1月・・・・・・研修会
・3月・・・・・・会報発行

開発委員会

Value Creation

我々は事業所・地域・家族の未来を創るために、先導者たる気概で研鑽に努めることが必要であり、加西YEGの事業に前向きに取り組むことがメンバーにとっての自己研鑽の一つとなります。己を見つめ、仲間と向き合い、創意と工夫の中で得た学びと経験は、青年経済人ひいては個人としての自信となって事業所・地域・家族と向き合える力となり、前進する糧となり、己の価値・青年部の価値を見つけ出すことに繋がります。だからこそ、これからも加西YEGがメンバーにとっての学び舎であり続けなければなりません。開発委員会ではメンバーが価値を見つけ出す一助となる自己研鑽、地域貢献に繋がる事業を行います。

・通年・・・・・・会員拡大
・通年・・・・・・ねっぴ~の保守活用
・7月・・・・・・ 研修会
・10月・・・・・・じば産物産展との連携事業(総括)
・1月・・・・・・献血事業

交流委員会

Value Creation

現代は、インターネットの普及に伴い必要な情報が容易に手に入る便利な社会になっています。しかしその反面、直接的なコミュニケーションが減少してしまい、人との関係が希薄になってきているのも事実です。人との交流があればこそ思いやりの心や感謝の心が芽生えるものだと考えます。 メンバー間の交流はもとより広い視野の交流も深め、新たな世界を経験することで、より深い絆が生まれると確信します。 今年度交流委員会では、何事にも愛を忘れず、コミュニケーションを図り、結束力を高め、一致団結して熱い思いを共有できる事業を展開します。

・通年・・・・・・会員拡大
・4月・・・・・・会員交流会
・8月・・・・・・OB交流会
・10月・・・・・視察研修
・12月・・・・・家族交流会

近畿ブロック準備委員会

Value Creation

第36回近畿ブロック大会播州かさい大会を今年に控え、数年に渡り我々は準備を進めて参りました。そしてその集大成を、ここ加西の地で発揮する時が参りました。 我々は意志を持って近畿ブロック大会を成功に導かなくてはならないと思います。その意志とは、近畿ブロック大会の開催を通じ、加西YEGの未来を創造する意志です。  近年の近畿ブロック大会においては、誘致活動や参加意欲が活発になり参加登録者も1,500名を優に超え非常に大きな大会へと進化しています。  しかし本分を忘れてはなりません。企業と地域社会の次代を担う青年経済人が互いに交流と連携の輪を拡げ、企業の発展と豊かな地域社会の形成に果たす商工会議所の役割を認識し、その実現のために何をなすべきかを研究し研鑽することを近畿ブロック大会は必要としています。  近畿ブロック大会を加西の地で開催できることは、加西YEGにとって、そして加西YEGメンバーにとって価値の高い機会です。勇気を必要とすることですが他人に触れ、地域に触れ研究を重ね自分のものにすることができる大きな価値です。花開くことが何年先かは誰にも想像できません。加西YEGであるからこそ情熱をもって今こそ投資を重ねる必要があると思います。歩みを止めず、自ら新しい環境に飛び込んでこそ成長が続くと考えます。  今年度近畿ブロック特別委員会では、第36回近畿ブロック大会の開催を通じメンバーの思いを一致させ、加西YEG自身の成長を願い、自発的な行動を促し、あらゆる視点において様々な価値を見つけ出すことができる事業を展開します。

・通年・・・・・・会員拡大
・通年・・・・・・第36回近畿ブロック大会播州かさい大会 執行役員会の運営