真夏の雪合戦 加西大会

           またいつか、「真夏の雪合戦 加西大会」でお会いしましょう




真夏の雪合戦ルール※加西大会

《用具》

ヘルメット  1.チームフラッグ(縦50cm横90cm以内)※各チーム持参
 2.雪玉1セット90個×3セット
  予選は、公式室内用雪玉を使用
  決勝・3位決定戦は、本物の雪玉を使用
 3.ヘルメット、雪玉、ゼッケン

《競技時間・セット》

 1.1セット3分の3セットマッチ。(2セット先取した時点で終了)

《チーム編成》

 1.監督1名(選手も兼ねることができます)と選手9名以内の計10名以内
 2. 競技でコート内に入れるのは、7名(フォワード4名、バックス3名)

《競技者の役割・範囲》

 1. フォワード…自コートバックラインより前のみで競技します
 2. バックス…コートすべてを使うことができます
 3. 競技者がセンターラインを超えて同時に相手コートに入れるのは3名以内です
 4. 4名以上入った場合は、即負けです

《公式雪合戦コート》40m×10m(36m×10m)

雪合戦コート

《競技開始》

 1. 雪玉を持ちバックラインの直前に整列し主審の合図で開始
 2. 両手に2つ持ち、雪玉は抱え込まないこと

《競技者の交代》

 1. 交代はセット間のみ行うことができます。セット間のみなら、何度でもできます

《雪玉の受け渡し》

 1. 直接手渡しで行う※但し雪玉を抱え込んで渡してはいけません
 2. コート上に置く
 3. 下から転がして置く、又は転がして渡す※投げて渡してはいけません
 4. シェルターの上に置く

《競技者のアウト》

 1. 雪玉が当たった時(すみやかにコートの外に出ましょう)
 2. コートから出た時※サイドライン、エンドラインを超えた時
 3. フォワードが、自コートのバックラインを超えた時※下がり過ぎた時
 4. 競技中、服の中に雪玉を隠し持っていた時など、不正を働いた時

《勝敗の決定》

 1. 相手チームのフラッグを抜いた時(勝ち:10点)
 2. 相手チ-ムの競技者を全員アウトにした時(勝ち:10点)
 3. 時間内に勝者が決定しない時は、
  コートに残った人数の多いチームの勝ち(残った人数が得点)
  コート内に残った人数が、同数の時のみ引き分け
 4. 相手コートに4人目が入った時は、即、負け(相手チーム:10点)
 5. 1勝1敗1引分けのときは、ポイントにより勝ちチームを決定します
 6. 1勝1敗1引分けの同ポイントの時及び、3引分けの場合は、ビクトリースローにて勝敗を決めます
  【方法】
シェルター(大)の上に標的を奇数個置き、両チーム代表競技者5名により
バックライン後方より、1名ずつ交互に雪玉を投げ、より多く標的を落としたチームの勝ち

《審判》

 1. 主審1名、副審5名、計6名とします

尚、各大会毎にルール等の変更がある可能性がございます


  • HOME
  • 会長所信
  • 青年部概要
  • メンバー紹介
  • 事業案内
  • 入部案内
  • アクセス
  • リンク

フェイスブックページ


真夏の雪合戦

真夏の雪合戦10年間の歴史
真夏の雪合戦
詳しい情報はこちら

雪玉ボーイ
10年間ありがとうございました