会長所信

President's commitment

令和4年度会長スローガン

仲間と共に、知覚動考し前へ進もう!
~すべては未来のために~~

昨年、一昨年と我が国日本では新型コロナウイルスの流行によって、外出自粛や三密回避による行動規制を余儀なくされ、仕事・経済・暮らしに様々な影響をもたらしました。
我々加西YEGにおいても、活動自粛や事業中止となる中で、オンラインを活用した活動を新たに取り入れ、かつてない経験を積みスキルを習得した一方で、イベント・お祭り・事業活動など行事の中止や簡略化により、人と人との交流や関係性の希薄化を実感しました。

加西YEGは加西市に事業所を構える青年経済団体として、各事業所の発展はもとより、地域の発展、未来の地域を支える子ども達に夢・希望・笑顔を与えるための一翼を担う存在であります。その一翼を担う存在であり続けるために、我々は行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じて活動を続けてきましたが、昨今のコロナ禍における活動は、情報や知識を得てもすぐに行動に移せないことが多くあり、満足する事業活動が出来ませんでした。

しかし我々は立ち止まってはいられません!

仏教の教えの一つに、「知って」「覚えて」「動いて」「考える」、「知覚動考」という言葉があります。それは、いくら知っても、いくら覚えていても、動かなければ結果は変わらないという意味です。様々な課題・目標に対して、考え悩み動かないよりも、まず動き、気付き、そして考え、その結果を検証し、さらにそのサイクルを繰り返すことで、より良い結果を得ることができ、個人の成長にも繋がると思います。我々は常に前を向き、先導者としての気概を持って行動し、日々研鑽を重ね、立ち止まることなく突き進んでいくことが目標達成へ大きく近づいていくのだと考えます。

令和4 年度加西YEGは、設立35 周年という節目の年を迎えます。「仲間と共に、知覚動考し前へ進もう!」をスローガンに、様々な課題・目標に向かって仲間と共にまずは行動を起こし、その過程で出た気付きや課題を共有し、研鑽を繰り返し、その交流を楽しみながら前へ進むことで、我々の活動はより熱く活発になり、各事業所・地域・子ども達の未来、そして我々の組織が掲げる「地域が誇れる加西YEG」にも近づくと信じ、一年間止まることなく活動していきます! ~すべては未来のために~