加西商工会議所青年部


メニュー

トップページ
会長挨拶
リンク
メンバー紹介
事業計画・活動報告
入部案内
リンク



青年部概要


    〜商工会議所青年部とは〜

   加西商工会議所青年部概要

    基本理念・設立目的


 加西商工会議所青年部(以下「青年部」)は、昭和46年から続いていた前進の加西市商工会青年部が、昭和62年に加西商工会議所設立に伴い青年部を設立し現在に至っています。
 地域経済団体である商工会議所は、地域社会の健全な発展を図る為に、商工業の振興、地域の活性化を目的に活動しています。青年部は、その内部団体として商工会議所活動の一翼を担い、地域社会の健全な発達を図る為に、また時代を担う青年経営者育成を目的に活動しています。
 
 
              基本方針


 (1) 組織の強化を図り、部員の資質の向上に努め、真に充実した内容をもって青年部活動を行ないます。
 (2) 青年部は、青年経済人の集団であるということを全部員が自覚し、
    活動原点である「後継者(青年経営者)の育成」に 関する事業を計画し実行します。
 (3) 自己研鑽に精励し、部員相互の真の友情を深め、商工業の振興に積極的に努めます。
 (4) 商工会議所に課せられている、社会的使命の一部を、青年部が担うという気概と誇りを持ち、
    商工会議所の補完的  役割を果たせるよう努力します。
  
                      委員会基本方針並びに事業計画

(1)総務・会員拡大委員会
磐石な組織を築くため、従来の凝り固まった考えを脱却し、部員が同じ方向に進めるよう組織の強化・活性化を図りつつ、入会間もない部員や『慣れ』の生じた部員のために、基本である礼儀・作法(例会や総会)を学び、規律のある組織を内外に示していきます。そして、新しい空気を採り入れるために、新入会員の情報収集、勧誘活動を全部員で展開していきます。
また、青年部活動への積極的な参加を促進するため各委員会と連携を深め、結実な青年部活動を運営致します。
 
@総会・各種会議に関すること。
A各委員会事業の統括と育成強化。
B会員拡大に関する事業並びに新入部員の指導。
C関係機関への意見活動並びに情報収集。
D加西商工会議所青年部OB会の対応。
Eその他、総務・会員拡大委員会として必要な事業。

・ 通年 会員拡大
・ 通年 例会運営
・ 通年 研修会
・ 6月 通常総会
・12月 次年度名簿・名刺作成
・ 3月 通常総会/例会

(2)メディア委員会
我々の周りには、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネット等、人に伝達するツールはたくさん溢れています。もちろん、口コミによる情報も一つのメディアではないかと思います。
そこで、メディア委員会として、経済団体である加西YEGと行政団体である加西市と情報交換を行い、コミュニケーションを図る事業を行います。
又、加西YEGという団体をもっと市民の方、延いては市外にも知ってもらえるよう多々あるメディアを用いてアピールしつつ、将来に繋がるステップの一年としてあらゆる場面を記録、保存していきます。
そして、我々が一番身近に使用しているエンジェル・タッチや今後、各事業所に活用すべきホームページ等に興味を持っていただけるような事業を展開します。

@青年部活動を、広く部員並びに一般の方に伝達するための広報活動。
A青年経営者として、情報化時代に対応するために、各種情報の収集・伝達・活用の為の事業。
Bその他、メディア委員会として必要な事業。

・ 通年 ホームページのリニューアルと保守・活用
・ 通年 IT3ツールの保守・活用
・ 通年 広報活動
・ 通年 活動記録と保存
・ 8月 例   会
・ 3月 会報発行

(3)マーケティング・マネージメント委員会
我々若手経営者が、まだまだ続くであろうこの厳しい経済の波を乗り越えていく為には、どんな事でも積極的に努力する事を惜しまず、その時代に合わせた独自の考えを持ちながら経営する事が必要と考えます。部員一人一人が、何事にも前向きに・団結して取り組む姿勢が青年部発展を生み、地域の活性化に必ずつながります。
マーケティング・マネージメント委員会は、いろんな事にチャレンジできる場を提案し、その体験を仕事に生かす事ができるような事業を、企画・製造・販売を通じて行います。

@青年経営者(後継者)育成を目的とする、経済・経営に関する講演会、講習会、研修会等の実施。
Aその他、マーケティング・マネージメント委員会として必要な事業。
 
・ 通年 「おっとしー」なもの作るプロジェクトD
・ 6月 例  会
・11月 研修会
・ 2月 例  会

(4)会員交流委員会
青年部メンバーが一丸となる為には、メンバーの意識の向上、相互の結びつき、そして家族にも理解してもらい協力してもらえる環境が必要となります。
そこで、本年度の会員交流委員会では、まず会員交流の原点である、より多くのメンバーが事業等に参加するという事に重点を置き、その上でより深く交流でき士気を高める為の事業を展開していきます。

@青年経営者として、真に人間関係を形成し、部員相互の交流を図ることを目的とする親睦会、交流会、懇談会等の実施。
Aその他、会員交流委員会として必要な事業。

・ 4月 交流会(会員親睦会)
・ 9月 会員交流視察研修旅行
・ 1月 例  会

(5)開発委員会
我々が充実した青年部活動を行っていくために、地域とどのように関わっていくかを考えることは必要不可欠です。また、他団体との連携を図りながら、地域に根付くような事業に取り組むことは、新しい情報・手法・思考を得るうえで有効な手段です。
そこで今年度は、地域開発を軸とし、夢を現実にする事業を展開します。
また、部員がひとつになって物事に打ち込める強い結束力を養い、更なる個々の資質向上に繋げ一年を通じて前向きな委員会活動を行っていきます。

@青年経営者として、自己研鑽に精励する事業の実施。
A商工会議所並びに官公庁・関係団体の事業に協力し(サイサイまつり・郡市区駅伝等)各種団体との意見交換、情報交換を実施。
B地域振興・活性化のための事業を通じて、地域社会との連携を実施。
Cその他、開発委員会として必要な事業。
 
・ 7月 研修会
・10月 献血事業
・11月 例  会

(6)20周年実行委員会
加西商工会議所青年部は、本年度 設立20周年の節目を迎えます。
この節目の年に「青年部は今、何をするべきか?」「今、何を求められているのか?」を考える時期を迎えているのではないでしょうか?
その為には、商工会議所青年部員各々が意識改革をし、個々のレベルアップを図る必要性があります。それが青年部の組織の強化・活性化となり、団結力を高めることになり、また、青年部を対外的にアピールすることにつながります。
20周年は、通過点ではなく、諸先輩方が築いてこられた青年部の伝統を受け継ぎながら、これからの加西YEGが次のステージへバージョンアップするための、第一歩として歩みだせる事業を行います。

@設立20周年記念式典/祝賀会、記念事業の運営。
Aその他、20周年実行委員会として必要な事業。

・ 6月 記念式典/祝賀会
・ 7月 記念事業
・11月 記念事業
・ 3月 記念誌発行
このページのトップへ


copyright(c)kasai-yeg.All Right reserved